粗大ゴミは出すのが面倒なものです。簡単にゴミ箱に捨てるようにはいきません。運ぶのがそもそも大変です。しかし、おいておいても別に邪魔にならなかったりもします。とりあえず押し入れにでも入れておけばいいかと思い押し入れに入れてしまえば、存在を忘れてしまいます。押し入れを開けて思い出すまではその粗大ゴミの存在を忘れてしまうのです。捨てたのと同じようなものです。 
 しかし現実には粗大ゴミは存在するのです。そして捨てなければ粗大ゴミも溜まっていきます。増え続けて行くのです。そしていつしか押し入れにも入らなくなり、いろいろな場所に放置されてしまいます。そうなると片付けるのがさらに面倒になり見て見ぬ振りをしてしまうものです。
 こうなってしまっては個人でどうにかするのは難しいです。出費は痛いですが、回収業者にまとめて持って行ってもらった方がいいと思います。そして2度と粗大ゴミは溜めないように気をつけるようになるのです。